• TOP
  • INTRO
  • LIVE0714
  • TOUR
  • FILMS
  • FACTORY
  • More Fun?
  • Hello,Today
UPDATE
  • ロックはまず聴いて頂かにやあはじまらぬ。

    NEW ALBUM「paper moon」2012. 7.14 DROP OUT including 6 songs + 1 film M1 gold fish M2 星屑のように M3 花男 M4 たまんないね M5 Hey Joe M6 ハピネス and『a film of happiness』UTCA-0001 ¥2,000-(tax in)CDのラストに収録した「ハピネス」を、多くのアーティストや俳優、スポーツ選手等のポートレイト撮影を中心に活躍するフォトグラファー・黒瀬康之氏とのコラボレーションで映像化。同曲からのインスピレーションを元に黒瀬氏が撮りおろしたモノクロ・フィルムが、「ハピネス」という物語を静かに、イマジネイティヴに紡いでいく。所謂ミュージック・ビデオという概念を脱した意欲的な映像作品。黒瀬康之オフィシャルサイト:http://kuroseyasuyuki.com/

    paper moon

    【購入特典】paper moon特製 4 seasons ポストカードセット ※ポストカードに記入のURLからアンケートにお答えいただくと、“4seasons”の画像がダウンロード頂けます【予約特典】リリースライブのドキュメンタリー映像「making of 0714」を後日ダウンロードできるウェブサイトのログインID+パスワード ※7/14リリースライブ会場で購入された方と同じ特典となります。

    「paper moon」を注文する

    アルバム「paper moon」販売に関して
    本作品は、本サイトでの通信販売とライブ会場での販売となります。
    一般レコード店での販売はございません。
  • 「やっと少し、あんたに合わせる顔ができたんだ」

    長い間待っていてくれたみなさん、本当にどうもありがとう。
    お待たせ致した。

    この作品で我々の音楽に出会うみなさん、はじめまして。
    是が非でも、聴いてくれ。

    2012年7月14日、ついに我々はニューアルバムを発表する。

    題して『paper moon』。

    訳せばそのまま、"紙の月" 。
    本来、外国では演劇などの小道具に用いられる、紙で作られた月を表すことばであるというが、
    俺は今回、この紙の月を、"暦" "カレンダー"の意として解釈し、この作品の題名として冠した。

    前作から約3年。

    前メンバーの脱退から、決して楽なことばかりではなかったし、
    実際、どうにも止まぬ不安と、それでも止まらぬ希望とが入り交る心持ちの中にあって、
    どうにかして新しいUNDER THE COUNTERの音を、姿を、
    今一度皆に届けたいという一心で、このバンドを続けてきた。
    この作品は、言わば、延べ36枚の"paper moon"をめくり、歪ながら歩んできた、
    我々UNDER THE COUNTERの月日の記録であり、
    あなたへの、自らへの、想いのかたまりである。

    誤解を恐れずに言えば、また、この都合のよろしい言い草が許されるなら、
    個人的に、この作品は、UNDER THE COUNTER"二枚目の1stアルバム"だと思っている。
    そして、俺達の過去と未来に一矢報いる"ケジメ"の一枚であると信じている。
    それくらい真新しい気持ちで、胸を張って、俺はこの作品をあなたに届けるつもりだ。

    四の五の垂れたが、ロックはまず聴いて頂かにやあはじまらぬ。

    それでも日々が続くなら、
    ここから始まるUNDER THE COUNTERの新しい季節と、そこにある息吹とを、
    どうかあなたに感じ取って頂けるよう心から願っている。

    不一

    平成二十四年六月四日 自宅にて UNDERTHECOUNTER 関谷謙太郎

copyright(C)UNDER THE COUNTER. all rights reserved.